BLOG

オランダ 発掘された坩堝

研いだナイフ

ご近所のギャラリーnowakiさんに、いま包丁を作っている作家さんが在廊されていて、この期間中は刃物を研いでいただけるとのことなので、私物のナイフを研いでもらいました。

すごい!! ピッカピカ!!

やっぱり餅は餅屋だな〜と思いました。

これ一本で1時間研ぎっぱなしだったそうです。

野菜やソーセージやパンだけでなく、枝などもよく切れそうなので、今夏はたっぷり活躍してもらいます。

 

 

上の話とはまったく関係ございませんが、今日はオランダの発掘品をご紹介します。

オランダ片口-1

オランダ、18−19世紀の坩堝(るつぼ)。

金属を溶かすときに使う小壷ですね。

緩やかな片口になっています。

オランダ片口-2

 

オランダ片口-3

 

オランダ片口-4

 

オランダ片口-5

 

オランダ片口-6

 

オランダ片口-7

 

オランダ片口-8

酒器にもお使いいただけるかと。

 

■ 坩堝(るつぼ)

W6.7×D6.5×H5.5 cm

オランダ18-19世紀

(Sold) ありがとうございました。

 

Access