Item

ガラスアイロン

 

「ガラスアイロン」

Age:  19世紀

Size: D8.5×H4.0 cm

Price: Sold

Stock:  0

 

スウェーデン 19世紀。川や海に転がっている水の流れで削られた丸い石ころではなくガラスの塊です。表面は光沢を失い、まるで石ころのような質感になっています。は中世のヨーロッパの一部地域で使われてようで、リネンシーツなど布のシワを伸ばして艶を与える道具です。光にかざすとガラスの色はグリーンだということがわかります。

 

Access