BLOG

ガラスプレート

一昨日帰国し、本日より通常営業いたしました。

初日からたくさんのご来店ありがとうございました。

今回はフィンランドとスウェーデンを走り回って、たくさんのモノを集めることができました。とりあえず開けた箱の荷物からどんどん雑多に店頭に並べていきます。面白いものがたくさん買えていますのでどうぞ漁ってくださいな。

 

さて、帰国後最初の商品紹介はガラスの器にしますね。

まずは、フィンランドの1900年代初期頃の吹きガラスのプレート。

フィンランドには30回近く行ってますが、アンバーカラーのものは初めて買えたので珍しいものだと思います。

吹いて回して伸ばして、、、ざっくりと成形されたフォルムをお楽しみください。

吹きガラスプレート

20世紀初期頃

径14.5cmくらい

¥12,000(残1)

 

お次は、グンネル・ニューマンの気泡プレート ↓

39歳の若さでこの世を去った伝説的なアーティスト Gunnel Nyman。

気泡を整列させる技術をガラスに取り入れた第一人者と言われています。(厳密にはムラーノ島のほうが早いようですが、、、)

まるで苺の種のようなツブツブ感をお楽しみください。

タンブラーも2客入荷しております。

Plate

Gunnel Nyman

Nuutajarvi

1940-50′

径8.5cmくらい

(ご売約済み)ありがとうございました。

 

Access