BLOG

パンカゴ

スウェーデンで雰囲気のあるパンカゴに出会いました。

この手の細い材で編まれたカゴは痛みやすく、古いものが残りのくいのですが、今回100年ほど経っているであろうものを見つけることができました。

古くて素晴らしいモノをたくさん持っているおじいちゃんディーラーから買わせてもらったのですが、年代はどれくらいだと思うか聞いてみると、1800年代あると思うけど断定できないとのことでした。1900年代の初期頃かもしれないと。

木の道具は時代の判断がつきにくい場合のあって、何でもかんでも1800年代と言うディーラーもいるけど、1900年代の初期までのものと、1900年代の前中期頃のものとはやはり雰囲気が違います。 時がつくるオーラをまとうと言いますか。

木が折れてる箇所はわずか数カ所で使用にはまったく問題ない程度というコンディションですので安心して永くお使いいただけるかと。

このパンカゴに丁度いいサイズの古いリネン布を私物で持っていたので、今回サービスでおつけします。セット販売です。リネン布は6年前にフィンランドで見つけたもので、手織りの古いものですよ。

パンカゴ と リネン布

パンカゴ 径32.0×高さ10.5 cm

リネン布 44.0×44.5 cm

¥13,000

Access